Category Archives: OSM/DA

TDLミュージカル『空に、』2公演目・第一幕レポート②!!

 

 

こんにちは♪

 

引き続き、昨年2019年・2月に大阪なんばイエスシアターにて開催された…

TEENS DREAM LIVE ~ミュージカルショー~ 「空に、」 

の様子をお届けしたいと思います!!

 

☆2020年度のTDLミュージカルはただいま絶賛稽古中です!!☆

 

( ↓ ※以下、登場人物名は全て役名で記載しています ↓ )

 

ここで登場したのは、ハイスクールクワイヤーの仲間たち♪♪

歌うことが大好き!! 歌で元気と笑顔を届けよう!! と楽しそうですが……

たまたまぶつかった拍子に、りょうかが “何か” を落としたようで、必死に “何か” を探します。

ゆきが拾ったのは、りょうかの “補聴器” でした。

りょうかがみんなに、「小さい頃から右耳が聞こえなくて……」と

これまで言い出せなかった自分の話を打ち明けます。

メンバーたちは戸惑いながらも、

中国からの留学生、しえんの言葉をきっかけに気持ちが動いていきます。

気を取り直してみんなで『TEENS DREAM LIVE』の練習♪♪

そこへHIPHOPダンサーたちがやって来て。

 

「ハイスクールクワイヤーのみなさん、授業はどうしたの?」

「まぁいいじゃん!」

そんなみんなの会話を、教育委員会の人たちが聞いていたのでした。

 

みんながどこかへ行ったあと、みかは、パパからの電話にでます。

厳格なパパはみかの夢を反対していて、

「歌なんかどうでもいい。勉強をしなさい。現実を見なさい」と冷たい言葉。

ショックを隠し切れないみかのところへ、ゆうかがやってきて声をかけ、

みかの話を真剣に聞き、みかの夢を応援するのでした。

そこへ駆け込んできたのは、

「あかね先輩がリハーサル中に出て行ってしまって……私、助けることができなくて……」

と取り乱すももか。

ゆうかとみかは、

「大丈夫だよ、協力するから」 「一緒に探そう」

と、3人であかねを探しに行くことに。

 

 

一方、生徒たちがサボっていたりモメていたりしているのを見た教育委員会の

南、青山、一等地の3人は、

「ほら言った通りじゃないですか」

「やはり子供たちのために 《分別》 しましょう!」

と息巻きます。

校長先生と小西田先生は、この学校で頑張っているみんなを 《 分別の危機 》 から守るため、

「ぜひ、『TEENS DREAM LIVE』でステージに立つ彼らを見てあげてください!

 きっと彼らが共に生きる素晴らしさをご理解いただけると思います!!」

と提案するのでした。

 

その頃、リハーサルから逃げ出してしまったあかねは、

幼なじみの裕紀に「アイドル辞めようかな……」と弱音を吐いて、

今まで隠していた自分の障害を打ち明けますが、

裕紀は、幼い頃から一緒にいたあかねの夢を応援するため、

諦めそうになっているあかねを励まし、仲間のところへ送り出します!!

 

無事メンバーのもとへ戻ったあかね。

メンバーとの意見がすれ違って悩んでいたミオとメイも、

周りの仲間たちが2人の気持ちを考えることで、お互いに少しずつわかり合っていくのでした。

少しずつ、バラバラだった気持ちがつながって。

いろんな考えや個性を持つ仲間がいることを理解し、

「それぞれ夢や進む道が違っても、お互いを応援しよう」という良い空気が流れ始めます。

1人で抱え込むのではなく、仲間と支え合いながら成長していることを再確認!!

まもなく始まる『TEENS DREAM LIVE』に向けて一致団結するのでした!!

 

 

ゆうかは、「ママはいつだって私のことを一番に考えてくれた……

       だから絶対に夢を叶えて、今度は私がママを幸せにする!」と決意!

「夢はあるけど、人を信じることができなくて、自信がないんです……」

という中学生・のぞみのことも励まし、仲間になります♪♪

 

 

そしてみんなが集合!!!

《 学校分別の危機 》 に立ち向かうべく、

力を合わせていよいよ 『TEENS DREAM LIVE』 のステージに挑みます!!!

 

 

↓↓作品全体を見事な演奏で支えてくれたハイスクールバンドのみんな♪♪

 

以上、

昨年2019年・2月に大阪なんばイエスシアターにて開催された…

TEENS DREAM LIVE ~ミュージカルショー~ 「空に、」 

2公演目の第一幕をお届けしました♪♪

 

そして、今年のTEENS DREAM LIVE ~ミュージカルショー~ 「空に、」

は2月16日、大阪なんばイエスシアターにて開催予定です!!

 

TDLミュージカル『空に、』2公演目・第一幕レポート①!!

 

 

こんにちは♪

 

 

ここからは、昨年2019年・2月に大阪なんばイエスシアターにて開催された…

TEENS DREAM LIVE ~ミュージカルショー~ 「空に、」 

の様子をお届けしたいと思います!!

 

☆2020年度のTDLミュージカルはただいま絶賛稽古中です!!☆

 

このTDLミュージカルは、

何といっても “ 生徒たちのエピソードを元に、生徒から生まれた言葉をセリフにする ”

生徒たち自身が “ 想い” を込めて創り上げる特別な作品!!

 

毎年、出演するキャストの想いを込めて台本が書き換えられ、

その年に演じるキャストたちのリアルなエピソードや想いが加わって

新たな作品として生まれ変わり続けています。

 

この作品のテーマは【マイノリティー】

 

マイノリティー…人と違うこと、少数派であること良しとしない大人たちが、

個性を活かしお互いを助け合いながら夢に向かっているみんな《分別》しようとします。

そんな学校の危機を、仲間たちはどう乗り越えていくのか!?

 

 🙂 1人1人が主役 🙂 とも言えるこのTDLミュージカル♪♪

2公演行われ、以前1公演目の様子はお届けしていたので、

ここからはキャストが入れ替わった2公演目をご紹介します!!!

 

 

( ↓ ※以下、登場人物名は全て役名で記載しています ↓ )

物語は2025年、日本。

 

個性豊かで夢を持った仲間たちが集まるOSM高等専修学校に、

教育委員会の南、青山、一等地の3人が学校調査にやって来て……。

「子供たちがモメたり騒いだりしないように、《分別》いたしましょう!!」

とすごい勢いで迫ります。

 

 

そのころ生徒会長・ゆうかは、体験入学に来ていた中学生・のぞみに声をかけますが、

人と関わるのが苦手なのぞみはその場から逃げてしまいます。

 

 

一方、アイドルグループSO.ON projectのメンバー、あかねがスタジオで自主練をしていると、

ちょっと怖い先輩たちがやってきて、あまり良い空気ではないアイドルたち。

ミオとメイが思い切ってこれまで抱えていた悩みを思い切って打ち明けますが、

みんなの意見はバラバラ。気持ちがすれ違ってしまいます。

 

アイドルたちが少し目を離した隙に、

スタジオを使い始めたのはHIPHOPダンサーの仲間たち!

ここで注目していただきたいのは♪♪

なんとハイスクールバンドプロジェクトがステージ袖にスタンバイ!!

劇中の曲をいくつか生演奏してくれました!!

キャストのセリフや歌、ダンスにタイミングを合わせながら完璧な演奏♪♪♪

ミュージカル全体を盛り上げます!!

 

アイドルのプロデューサーがやって来ると、スタジオから一目散に出て行くダンサーたち!

厳しいプロデューサーは、早速、後日行われる『TEENS DREAM LIVE』のリハーサルを始めます。

新曲のリハーサルで当然のようにセンターで踊る3年生リカでしたが、

プロデューサーが抜擢したセンターはあかね。

これまで積んできた練習を信じてセンターに立つあかねでしたが、

プレッシャーに負けて失敗してしまいます。

あかねに期待していたプロデューサーはガッカリ。リカをセンターに戻します。

ショックでその場を逃げ出してしまうあかね……。

 

続きは次回お届けします!!

 

 

第19回 『職業体験セミナー』にて[作文・創作コンテスト]表彰式!!

 

 

こんにちは♪

 

 

さて、2019年も残りわずかとなり、

OSM高等専修学校も冬休みに入っています♪♪♪

 

今回ご紹介するのは、12月にエディオンアリーナ大阪で行われた

「第19回 職業体験セミナー」!!!

 

 

『職業体験セミナー』は……

 🙂 漫画家やゲームクリエイター、イラストレーターなどのクリエイティブ系のお仕事、

 🙂 プロミュージシャンやダンサー、アイドルなど音楽関係のお仕事、

(↑↑ OSM高等専修学校SO.ON projectがステージを披露させていただきました♪♪♪)

 🙂 看護師や歯科衛生士、医療事務などの医療関係のお仕事、

 🙂 保育士や介護福祉士、カウンセラーなどの福祉系のお仕事、

 🙂 ネイリスト、メイクアップアーティスト、エステティシャンなど美容系のお仕事、

 🙂 ブライダル関係のお仕事、観光業界のお仕事、

 🙂 パティシエやバリスタなど製菓・調理系のお仕事、

 🙂 スポーツトレーナー、 🙂 インテリアデザイナー、

 🙂 ペットトリマーやペットショップスタッフ、水族館スタッフなどの動物・自然関係のお仕事、

他にも 🙂 声優のお仕事、 🙂 ロボットエンジニア、 🙂 自衛官や警察官など公務員のお仕事

などなど、いろんなお仕事のお話を現場のプロの方々から直接お話を聞いたり、

実際にお仕事を体験できるというワクワクするイベントです!!!

 

将来の夢をみつけるきっかけになったり、自分に向いている職業に出会えたり、

会場中にはいろんな可能性が広がっていました♪♪♪

 

そしてこの日、 🙂 【作文・創作コンテスト】の表彰式 🙂 も行われていました!!!!!

作文や俳句などの作品に中に、“ 今の高校生のリアル ” な気持ちが詰め込まれていて、

今年も若いパワーを感じる作品ばかり!!

改めて、受賞おめでとうございます!!

「職業体験セミナー」twitter

 

 

 

ミュージカル『明日への扉』第167回公演レポ⑤

 

 

こんにちは♪

 

 

引き続き、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第167回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

ゆかりと、ゆかりのお姉さんが話しているのは、医師と弁護士。

ドナー登録をしたゆかりのHLA型が、1人の患者に適合し、

骨髄移植の最終同意に来ていたのでした。

ゆかりがドナー登録をしていたことも知らなかったお姉さん。

ゆかりのことが心配ですぐには賛成できません。

「ゆかりの他に適合した方はいらっしゃらないんですか?」と聞きますが、

医師からお伝えできる情報には制限がありました。

「啓子に教えられたの。「生きているからこそ救える命がある」って」と姉に話すゆかり。

啓子と気持ちがすれ違っているように見えたゆかりでしたが、

啓子の言葉はゆかりに届いていたのです。

ついに姉もゆかりを信じる決断をするのでした。

相談の結果、骨髄採取日は「今月の20日」に決まります。

 

 

一方、相変わらず大川に会いに行っていた真弓は、

大川から聞き出した最終オーディションの日程を「今月の20日ね」と再確認。

 

 

麻春、夏子、秋緒、美雪と、真弓は、入院中の遥のお見舞いへ。

ドナー登録の報告をしようと、ゆかりも来たところで、

遥に骨髄を提供してくれるドナーが見つかります!!

そして告げられた遥の骨髄移植の日は……「20日」。

ゆかりは、その場から姿を消してしまいます。

 

 

ライブハウスで行きかうゆかりの噂話に、

「ゆかりのことを誤解しないで!」と必死に伝える啓子。

そこへ新しいスポンサーの娘・麗香と大川が登場。

思わず「最終オーデションの日を変えてください!」と願い出る真弓。

内緒で台本をもらっていたこともバレてしまいます。

“元”スポンサーの娘・俊江に対しては冷たい態度の大川でしたが、

新しいスポンサーの娘・麗香にも嫌われ、大川は逃げ去ります。

残された真弓に、みんなから冷たい視線。

自分を恥じ、心から謝る真弓に、手を差し伸べる俊江。

人間はきっとみんな弱いけど、そこから前に踏み出すのが大切。

俊江は、自分の弱さも認めて、みんなでゆかりを探しに行こうと提案します!

もちろん麗香もいっしょに。

 

 

 

その時、ゆかりは1人、闇の中にいました。

命を救う道を選ぶのか、自分の夢を選ぶのか……。

「私にとって舞台は命!」と叫ぶゆかりに、

森の女王は剣を持たせます。

ハーミアとして、おろかな人間たちに剣を振りかざすゆかり。

しかしそこには遥の姿が!!

ゆかりは、「私にはできない!」と剣を捨てるのでした。

 

 

倒れこむゆかりを見つけた時雄。

目を覚ましたゆかりの心は決まっていました。

「時雄、私を病院に連れて行って!」

 

独りじゃない! 信じられる仲間に囲まれてれいる!!

ゆかりは仲間たちと、明日へ向かって希望の扉を開くのでした!!

 

約6ヶ月をかけて、ミュージカル『明日への扉』を創り上げ、

命の尊さ、生きることの素晴らしさと向き合ってきた

出演者、スタッフ1人1人の、何物にも代えがたい気持ち、絆が

形になって、観に来てくださったみなさんの心にも届いていると思います。

 

今後もこのミュージカル『明日への扉』を通して、

“ 骨髄移植によって助かる命があること ” が1人でも多くの人に届きますように。

 

以上、骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第165回公演・第166回公演・第167回公演でした!!!

 

 

ミュージカル『明日への扉』第167回公演レポ④

 

 

こんにちは♪

 

 

引き続き、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第167回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

病院で眠っていた遥……

「愛とは与えるもの。奪い取るものではなく通い合わせるもの。」

という声に呼び起されると、

そこは “ 幻想の世界 ” 、精霊たちが踊る森の中。

遥は、ミュージカルの主役・ハーミアとなっていました。

木を切り倒し戦争と破壊を繰り返す人間たちに、森の精霊たちは怒り、

森の女王は、人間たちを倒せとハーミアに剣を渡します。

しかしハーミアは剣を捨て、人間と共に生きる道を選ぶのでした。

剣は女王の手に戻され、希望を胸に明日への扉を開いていきます。

 

 

そして、ライブハウスで繰り広げられる圧巻のダンスショー!!

みんなのところへ、遥と優二がやって来ると、

遥の想いが伝わって、次々と「骨髄バンクに登録する!」と言い出すみんな。

そんな中、麻酔事故の確率など不安を隠せない麻春。

麻春の不安な気持ちも受け入れ、わかったうえで、

それでも前を向いて生きていくと決めた遥の強さ。

そんな遥を見て、みんなも、麻春も、心が動いていきます。

続きは次回お届けします!!

 

 

ミュージカル『明日への扉』第167回公演レポ③

 

 

こんにちは♪

 

 

引き続き、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第167回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

演出家・大川から、

最終オーディションの日程と台本・振り付けのDVDを受け取る真弓。

これで主役は真弓のもの……??

 

 

こちらは遥の入院する病院。

落ち込んでばかりの遥と、同じく苦しみの中にいる優二。

そこに俊江と達也がお見舞いにやって来ます。

俊江は思わず「もし私が病気だったら遥と同じように一生懸命になってくれる?」

と優二に聞いてしまうのでした……。

そんな俊江を、いつも影から見守る達也の切なさも伝わってきます。

 

遥はもちろん、優二にとっても辛い時間が過ぎていきます。

 

 

遥のことは知っていながらも、自分のペースを乱さず練習を続けるゆかり。

一緒に夢を追いかけてきた啓子は、ドナー登録をしていました。

ゆかりに歩み寄ろうとする啓子を、ゆかりは突き放してしまいます。

 

純粋に夢を追いかけてきただけなのに……

必死に頑張り続けてきただけなのに……

残酷にもそんな2人の前には大きな壁が立ちはだかっていました。

続きは次回お届けします!!

 

 

ミュージカル『明日への扉』第167回公演レポ②

 

 

こんにちは♪

 

 

引き続き、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第167回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

最終選考に残ったゆかりは、時雄に会いに行きます。

時雄は厳しい現実にぶつかり、夢を諦めようとしていました。

 

一方、夜の公園で密会する演出家の大川と、真弓。

チャンスのためなら手段を選ばない真弓、間違った道へと進んでしまうのでした。

 

 

遥と優二はお互いを支え合いながら、それぞれの夢にまっすぐ進んでいました。

しかし、突然、倒れこんでしまう遥。

なんとかその場をごまかしますが、遥は不安な気持ちを持ったまま……。

 

 

こちらはレッスンに向かう美保・有美・真紀・亜紀・奈緒の5人組!!

レッスンスタジオで、

ついに倒れてしまう遥。

慢性骨髄性白血病と宣告され、絶望の淵に立たされるのでした……。

 

 

いつもみんなが集まるライブハウスでも、遥のことは噂になっていました。

なんとか遥を救おうと、ドナー登録のパンフレットを持って必死に駆け回る優二。

協力的な仲間もいれば、そうではない仲間の姿も……。

続きは次回お届けします!!

 

 

ミュージカル『明日への扉』第167回公演レポ①

 

 

こんにちは♪

 

 

ここからは、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第167回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

ゴスペルアンサンブルで、『明日への君に』♪♪

初回公演から大切に歌い継がれ、物語につながる大切な曲です♪♪

 

そしてミュージカルの幕が上がります!!

ミュージカル『明日への扉』のオーディションシーン!!

最終選考に残ったメンバーが発表され、

純粋に喜ぶ者、納得できない者、それぞれいろんな気持ちを抱えていきます。

 

 

こちらは、物語の中でダンサーたちが集うライブハウス♪♪

バンドの生演奏やダンスで盛り上がります!!

最終選考に残ったスポンサーの娘・俊江には、

いつも美保・有美・真紀・亜紀・奈緒の5人組がくっついています!!

俊江を応援している達也。でも俊江は優二ばかり見ています。

優二はというと、そんな俊江の気持ちには気づかずに遥に会いに行くのでした。

続きは次回お届けします!!

 

 

ミュージカル『明日への扉』第166回公演レポ③

 

 

こんにちは♪

 

 

引き続き、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第166回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

ライブハウスで繰り広げられる様々なダンスショー!!!

仲間たちが集まるところにやってきた遥。

遥と気持ちを通い合わせる仲間たち。

そんな中、不安な気持ちを隠せずみんなの輪から離れてしまう麻春でしたが……、

悲しみや苦しみを乗り越えてきた遥と、みんなの声に、麻春の気持ちも動きます。

 

 

一方、ドナー登録をしたゆかりのHLA型が、1人の患者に適合し、

骨髄移植の最終同意に来たゆかりとお姉さん。

ゆかりがドナー登録をしていたことも知らなかったお姉さんは、心配し、

最終同意に躊躇しますが、

過去を乗り越え、命を救いたいと願うゆかりの姿に、

お姉さんも決心するのでした。

 

 

真弓は、頼りにしていた大川の冷たい態度を気にしながらも、

自分だけ先に教えてもらった最終オーディションの日程を再確認します。

 

遥のお見舞いに来た麻春、夏子、秋緒、美雪と、真弓。

そこへゆかりもやって来ます。

そこに「遥に骨髄を提供してくれるドナーが見つかったんだ!」と優二が駆けつけ、

ダンスの先生も来て喜び合うみんなでしたが……

移植の日は「20日」、そしてなんと、

『明日への扉』最終オーディションの日も「20日」だと知ったゆかりは、

ショックを受けて姿を消してしまいます!!

 

ライブハウスではその話で持ち切り。ゆかりのいろんな噂もされていましたが、

ゆかりの誤解を解いたのは、ゆかりに突き放されても信じ続ける啓子でした。

 

 

新しいスポンサーの娘・麗香を連れた大川がやって来て、

大川と真弓の関係がバレてしまいます。

真弓に注がれるみんなの冷たい視線。

真弓は自分の過ちにやっと気づき、心から謝ります。

そんな真弓に「私も弱かった。大切なものを忘れていた」と言って手を差し伸べたのは

俊江でした。

こうしてみんなは改めて手を取り合い、ゆかりを探しに行きます!!

 

 

そのころ、ゆかりは幻想の闇の中にいました。

命を救う道を選ぶのか、自分の夢を選ぶのか……。

「私にとって舞台は命!」と叫び、

ハーミアとして、おろかな人間たちに剣を振りかざすゆかり。

しかしそこには遥の姿が!!

ゆかりは、「私にはできない!」と剣を捨てます。

 

ゆかりを見つけた時雄。

目を覚ましたゆかりは、ついに病院に行くことを選ぶのでした!!

以上、骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第166回公演の様子をお届けしました!!

後日、第167回公演のステージもお届けしたいと思います♪♪

 

 

ミュージカル『明日への扉』第166回公演レポ②

 

 

こんにちは♪

 

 

引き続き、

骨髄移植推進キャンペーンミュージカル『明日への扉』

第166回公演の写真をダイジェストでお届けします!!!

 

 

お互いに夢を追いかけ、支え合っている遥と優二。

夢に向かって頑張る気持ちを確かめ合う2人でしたが、

ふいに遥が倒れこんでしまいます。

笑顔でごまかす遥でしたが……。

 

後日、バレエのレッスンスタジにて。

ついに倒れてしまった遥は、

慢性骨髄性白血病という、いわゆる血液の癌と呼ばれる病気にかかっていたのです……。

 

 

いつもみんなが集まるライブハウスでも遥のことは噂になっていて。

優二は、遥のために必死で仲間たちにドナー登録をお願いするのでした。

 

 

そんなことを知らない真弓は、

最終オーディションの日程と台本・振り付けのDVDを受け取り、自分のことばかり。

 

 

遥の入院する病院。

落ち込んでばかりの遥を、どうにか支えようとする優二。

そんな優二を秘かに想う俊江は、遥のことで頭がいっぱいの優二を見て、

つい、「遥さんじゃなくて私が病気でも、そんなに一生懸命になってくれる?」

と優二に聞いてしまいます。

 

 

一方、誰にも頼らず、誰も信じないで1人で生きていくと強がるゆかりと、

ゆかりの過去も知ったうえで、仲間を信じて生きることの素晴らしさ、命の尊さを

ゆかりに伝えようとする啓子。

 

それぞれ目の前に立ちはだかる壁に苦しむ遥とゆかり。

 

 

そしていつの間にか遥は、

ミュージカルの主役・ハーミアとなって “ 幻想の世界 ”に迷い込みます。

美しい地球を脅かし、命の意味をわかっていない人間たちに、

復讐するよう、森の女王は遥に剣を持たせます。

葛藤の末、遥は大切なことに気づくのでした。

続きは次回お届けします!!